トップページ > NEDOとの共同研究

「お問い合わせは(株)ホクエイまでお願い致します。」

リンク先:株式会社ホクエイ 大型光触媒脱臭装置

※光触媒脱臭装置の営業・販売窓口は親会社の(株)ホクエイに移管しました。



NEDOとの共同研究

光触媒産業創成プロジェクトに参加

 本光触媒脱臭装置の開発メーカー株式会社ホクエイは2007年より日本の最新鋭のエネルギー・
 環境分野と産業技術の一端を担う独立行政法人である「新エネルギー・産業技術総合開発機構」
 略称「NEDO」との光触媒のプロジェクトに約4年間参画しておりました。
 NEDOはこのわが国発祥の「光触媒技術」を国際競争力のある産業に育成するため、オール
 ジャパン体制で産業創成を指向しこのプロジェクトを強力に推進中です。

NEDOとは

 独立した行政機関である独立行政法人として経済産業省の所轄として年間2000億以上の公的
 資金が配分されている重要な研究開発機関で、まさに我が国、また世界で求められる新技術の
 研究開発を行っています。

NEDOの役割
 「エネルギー・環境」「産業」「京都メカニズム業務」などの分野を、総合的かつ国際的に
    推進する政策実施機関。
 民間企業だけではリスクが高く、実用化には至らない重要技術について、迅速に実用化を図り
    社会に普及させていくため、開発、実証、および導入などを一体的に実施。
 産学官の研究開発能力を最適に組み合わせることで、効率的に事業を実施。

ページトップへ戻る

世界に誇れる日本生まれの新技術「光触媒」

 光触媒の基本的な原理は1972年日本の技術者により酸化チタンによる光触媒作用が発見され
 ました。
 その後1992年に紫外線により「有害化学物質の分解」さらに1995年「超親水性」が見いださ
 れました。
 この日本発の光触媒の技術はすでに産業界に貢献していますが、大気浄化、水質浄化、汚染
 防止、脱臭、抗菌、院内感染防止、曇り防止など幅広い用途に応用でき、さらなる今後の研究
 開発が期待されます。NEDOはこの光触媒技術の発展を加速するために2007年からNEDO事業
 に加えてプロジェクトを実施してきました。

ページトップへ戻る

循環社会構築型光触媒産業 創成プロジェクト

 2007年からNEDOにより世界から期待される光触媒技術プロジェクトである「循環社会構築型
 光触媒産業創成プロジェクト」がスタートいたしました。
 このプロジェクトは日本発の技術である光触媒技術の引き続き発展の流れを加速する目的で
 NEDOから東京大学先端技術研究センターに委託され、光触媒技術を有する民間法人9社
 (素材開発グループ:2社、環境浄化グループ7社)に助成、並びに共同研究を行っております。
 本光触媒脱臭装置開発メーカーは環境浄化グループ7社の中の脱臭装置メーカー2社の1社として
 このプロジェクトに約4年間参画し、「高活性VOC分解装置の研究」として「大型試験室と分解
 活性実証試験システムの構築」「高性能光触媒フィルターの開発」、さらに「菌試験」や「可視
 光応答型触媒活性試験」など様々な研究を行いました。


ページトップへ戻る

大型気密試験室での実証研究

 NEDOからの助成を受け、ラボ試験(500t)の5万倍の大型気密試験室を導入し更なる研究、
 開発を進めております。
 アルミに囲まれた25m3の気密試験室は断熱構造になっており温度・湿度を調節可能です。

 また、VOCの測定用にマルチガスモニターを始め様々な計測装置を用いて多方向からの処理
 システムの分析を行えます。


               25m3ステンレス製 恒温・恒湿試験室

ページトップへ戻る


「お問い合わせは(株)ホクエイまでお願い致します。」

リンク先:株式会社ホクエイ 大型光触媒脱臭装置

※光触媒脱臭装置の営業・販売窓口は親会社の(株)ホクエイに移管しました。



Copyright(C)2011.06.01〜 EarthStage co.,ltd All Rights Reserved.